第4期 成人矯正×歯周組織再生療法の融合 

協賛矯正

概要

ペリオオルソ(歯周組織に問題のある成人矯正)への対応

近年、注目の高いペリオオルソに関する最先端の知識が学べるセミナーです。

綿引先生は、矯正専門医としてキャリアをスタートしその後、歯周組織再生、骨・軟骨研究に関連しても数多くの国際会議での講演や世界的な一流学術誌であるJournal of Periodontology, J Periodontal Res, JDR, BONEなどに数多くの論文を執筆しております。また、近年は新しい歯周組織再生術も開発する異色のキャリアを持つ先生です。

成人矯正を前提とした歯周組織再生療法に関しては世界的にも未だ報告が少なく不明な点が多い分野です。本セミナーでは、分子生物学研究にも携わってきた講師の視点から過去のエビデンスを鋭く考察していきます。さらに、新しい考え方を提言し、2018年の“国際歯科大会”にて綿引先生が提言したペリオオルソクリニカルガイドラインとそれに基づく豊富な症例を通じてペリオオルソをまとめていきます。

本セミナーは、一般歯科医をはじめ歯周病専門医や矯正専門医にも大変人気のセミナーの為、キャンンセル待ちになる場合も御座います。

お早めの申し込みをお待ちしております。

日程 2019年8月25日(日)
時間 10:00~16:00
会場 【東京】日本橋ライフサイエンスハブ
(〒103-0022 東京都中央区日本橋室町1-5-5 室町ちばぎん三井ビルディング8階)
講師 綿引 淳一先生

参加費

¥35,000円(税別)

内容

  1. 1. 矯正移動は歯周組織の健康にとって有益か?
  2. 2. “AAP & EFPによる2017年新歯周病分類”を踏まえた矯正移動の位置付けとは?
  3. 3. 矯正前に必要な歯周検査と初期治療に関して
  4. 4. 矯正を前提とした歯周組織再生治療が従来法と大きく異なる事
  5. 5. 矯正が先か?再生が先か?その戦略的タイミングとは?
  6. 6. 矯正による骨欠損形態変形と再生療法に関して
  7. 7. 矯正と歯肉退縮の関連性と対処方法
  8. 8. 矯正を踏まえたルートカバーの考え方
  9. 9. 矯正に最適化された歯周組織再生療法(O-PRO法)とは?
  10. 10. 現状の限界と問題点、今後の展望

講師紹介

綿引 淳一  先生 

 

1999年  昭和大学歯学部卒業

1999年  昭和大学歯科矯正科入局

2004年  日本矯正歯科学会認定医取得

     昭和大学歯科矯正学大学院卒業

2006年  AQUA 日本橋DENTAL CLINIC 開設

2007年  昭和大学歯学部歯科矯正学教室 兼任講師就任

2008年  理化学研究所 客員研究員就任

2011年  アサヒグループHD 商品開発コンサルタント就任

主な所属学会

東京SJCD 日本矯正歯科学会、アメリカ矯正歯科学会、アメリカ歯周病学会 その他

 主催/お問い合わせ

主催 IOS Interdisciplinary Orthodontics Society

協賛 株式会社フォレスト・ワン(TEL:047‑474‑8105)