第5回プレオルソ研究会「令和時代のプレオルソ」

プレオルソ

概要

時代の変化とともに、小児患者の「虫歯」は減り「不正咬合」は増えています。歯科医院の役割は虫歯治療中心から口腔機能の発育・発達を獲得する治療ヘとシフトし始めています。

プレオルソは2019年5月令和の始まりと共にプレオルソXとしてリニューアルいたしました。

新しい時代に求められる治療法は何か? 経験豊富な5名の先生方にご講演いただきます。

日程 2020年3月29日(日)
時間 10:00〜16:00
定員 【東京】150名 【大阪】50名 【博多】50名
会場 【東京】TKPガーデンシティ竹橋
【大阪】TKPガーデンシティ新大阪
【博多】ガーデンシティ博多新幹線口
※大阪会場、博多会場ではネット中継
講師(五十音順) 大塚淳先生、岡崎好秀先生、椎名康雅先生、牧野正志先生、横井由紀子先生

参加費

歯科医師:17,600円

その他医療従事者:13,200円

※税込・昼食付き

内容

10:00〜12:00  特別講演 岡崎好秀先生「~こどもの口はふしぎがいっぱい~ 小児の口腔機能発達不全症の原因とその対応」

12:00〜13:00  昼休憩

13:00〜13:30  横井由紀子先生講演「マウスピース型咬合誘導装置における反対咬合の被蓋改善のメカニズム −有限要素法による検討−」

13:30〜14:00  椎名康雅先生講演「小児歯科の中でのプレオルソの活用方法と効果的なプロトコル」

14:00〜14:30  牧野正志先生講演「プレオルソ治療後の管理」

14:50〜16:00  大塚淳先生講演

講師紹介

岡崎好秀 先生

国立モンゴル医学科学大学 客員教授

(岡山大学病院 スペシャルニーズ歯科センター 診療講師)

~こどもの口はふしぎがいっぱい~

小児の口腔機能発達不全症の原因とその対応

現在、乳幼児期・児童期のむし歯は減少したが、これまで気がつかなかった問題が増えている。

例えば、1:乳歯の不正咬合(下顎乳前歯叢生・過蓋咬合・下顎後退位など)、2:口呼吸(常に口がポカ~ンと開いている)、3:唾液分泌量の減少、4:発音不明瞭(滑舌の低下)、5:イビキをかく、など気になることが多い。

私は、長年障害を持つ小児の診療に携わってきたが、彼らにはこれらの問題が非常に多い。その理由として障害による口腔機能の低下と考えてきた。しかし、これが一般の小児にも増えているとしたら、それは何を意味しているのだろう。本来獲得されうるレベルまで、小児の口腔機能が発達していないのではないだろうか?そこで今回、小児の口腔機能発達不全症の原因とその対応について考える。

略歴

1978年 愛知学院大学歯学部 卒業

同年 大阪大学歯学部小児歯科

1984年 岡山大学病院小児歯科 講師(歯学博士 岡山大学)

2013年 国立モンゴル医学・科学大学 客員教授

2018年 岡山大学病院スペシャルニーズ歯科センター 診療講師

専門

小児歯科・障がい児歯科

所属学会等

日本小児歯科学会(指導医)

日本障害者歯科学会(認定医、評議員)

日本口腔衛生学会(認定医)

主な著書

・世界最強の歯科保健指導 上巻・中巻 クインテッセンス出版

・口の中はふしぎがいっぱい エピソードⅠ・Ⅱ・Ⅲ・Ⅳ 松風

・小児歯科診療最前線! 子どもを泣かさない17の裏ワザ クインテッセンス出版

・泣かずにすませる小児歯科診療 松風

他 多数

椎名康雅 先生

 

スマイルデンタルクリニック院長

小児歯科の中でのプレオルソの活用方法と効果的なプロトコル

牧野正志 先生

 

まきの歯列矯正クリニック院長

プレオルソ治療後の管理

小児矯正治療は、機能的問題の早期アプローチができるというメリットがある反面、治療が長期にわたるというデメリットもある。よって臨床では、患者の生活環境や治療期間を考慮したメリハリのある治療方針が求められる。今回は、プレオルソ長期使用ケースから、混合歯列期後期の管理、治療の終わり方、保定について、当院の考え方を説明する。

横井由紀子 先生

 

松本歯科大学歯学部講師

マウスピース型咬合誘導装置における反対咬合の被蓋改善のメカニズム

−有限要素法による検討−

大塚 淳 先生

 

東京歯科大学卒業、東京歯科大学大学院修了

医学博士・歯学博士、東京歯科大学非常勤講師

日本矯正歯科学会認定医

大塚矯正歯科クリニック医院長

主催/お問い合わせ

株式会社フォレスト・ワン
TEL:047‑474‑8105