CRTD

〈NEW〉メタルコア除去用ドライバー

特 徴

●前歯/臼歯ともに使用可能

CRTD01

 

●コアの形状を問わずに使用可能

●先端の凹みでコアをしっかりと把持

●直・曲の組み合わせでストレスなくアクセス可能

●歯質の高さが異なる歯牙でも利用可能です

CRTD02

 

使用手順

STEP1

メタルコアと歯質の間に溝を形成します。

STEP2

2本のドライバーを差し込み、それぞれ逆方向に回転させます。

仕 様

〈寸法〉 

size

 


 

〈形状〉

 一般的なドライバーに比べ、先端は薄く、細く、 凹みを付与しています。

切削量が少なくても溝の奥まで差し込め、残存歯質に“支点”が確保しやすい形状です。

形状

医療機器製造販売届出番号 12B1X10014000029
製品コード/JAN 4573443677086