iBrush

インプラント周囲炎の予防・治療に

特 徴

 

■小さなヘッド部分がアプローチを容易に。
インプラント体の表面に付着した頑固な歯石・バイオフィルムを素早く・綺麗に除去する、インプラント周囲炎の予防・治療のためのブラシです。

 

 

 

 

 

 

 

 

表面を傷つけず、ラフサーフェスは維持します。
シャフト部が医療用プラスチック製でフレキシブルのため、過度な力が先端部にかかりません。

 

 

 

 

 

 

 

■骨吸収量が2mm以下であればフラップレスでの使用も可能。
※ 2mm以上ではフラップが必要になります。


 

 

shika_ibrush_03 

フラップレスにてiBrushを3分間使用後のSEM画像。インプラント体表面を傷つけず、付着した感染源のみを除去します。

症 例

【CASE1】

●臨床診断名

右下7 インプラント周囲炎


●処置予定
歯肉を剥離し、掻爬。
露出しているインプラント体表面をiBrushにて研磨し、汚染物質を機械的に取り除く。

 

柴原 清隆先生(花等歯科/長崎大学)のコメント

「"iBrush"はかなり長時間にわたってブラシ部がつぶれず、インプラント体表面に非常に当て易い形状をしています。

使用時のコツとしては、コントラが蹴られてぶれやすいので、しっかりしたレストを設け、インプラント体表面をなでるように使うということです。」

 

 

 

shika_ibrush_04

 

パノラマX線写真

 

shika_ibrush_05

 

デンタルX線写真

 

 shika_ibrush_06

処置前

 shika_ibrush_07

切開、剥離時

 

shika_ibrush_08

iBrushにてインプラント体表面を研磨

shika_ibrush_09

研磨後

 

 


 

【CASE2】

 

shika_ibrush_010

 

 


 

医療機器製造販売届出番号 12B1X10014000018