デジタルを併用した低侵襲サイナスリフト

ハンズオン

超高齢社会をむかえたわが国において、無歯顎や多数歯欠損を有する患者層の増加にともない、インプラント補綴を必要とするケースも少なくない。しかし経年的変化や、抜歯の原因が歯周病や歯根破折による欠損がほとんどであることや人種的な要因もあり、こと上顎においては既存骨の喪失が大きい症例にしばしば遭遇する。

確かにショートやナローインプラントの開発により、小規模なGBRを回避し、極力既存骨埋入を優先させることが可能になった現在においても大規模な骨欠損においては未だに上顎洞底挙上術を必要とせざるを得ない。

しかしデジタル機器の発展により診査診断が飛躍的な進歩を遂げたにもかかわらず、上顎洞挙上術の偶発症として最も多いのは上顎洞粘膜の穿孔である。そこで今回はフォレスト・ワン社のSLA キットとデジタルワークフローを用いた、低侵襲かつ安全な上顎洞底挙上術を紹介したい。

先生方の明日からの臨床に少しでも役立てれば幸いである。

内容

実習
  • ● 豚骨を使った実習と上顎洞模型とガイドを使ったサイナス開窓実習

日時/会場

日程 2021年8月8日(日)
時間 10:00~16:00
会場 【名古屋】株式会社フォレスト・ワン 名古屋営業所
〒451-0042 愛知県名古屋市西区那古野2-12-20
スクエアオフィス名駅北701号室
定員 6名
講師 安藤 壮吾先生

受講料

¥55,000-(税込)

お申し込み&入金締め切り日

お申し込み締め切り日

2021年7月30日(金)

入金締め切り日

2021年8月2日(月)

講師紹介

安藤 壮吾先生

なみき通り歯科 院長(愛知県)

  • ● JIPI(Japanese Institute of Periodontology and Implantology)
  • ● 日本歯周病学会認定医
  • ● 日本臨床歯周病学会所属
  • ● 日本口腔インプラント学会所属
  • ● OJ正会員
  • ● SSRG所属

主催/お問い合わせ

株式会社フォレスト・ワン
TEL:047‑474‑8105

お申し込み

下記のフォームに必要事項をご記入の上、送信してください。

フォーム送信後、自動返信メールに詳細を記載しております。

自動返信メールが届いていない方は seminar@forest-one.co.jp までご連絡ください

販売名医療機器製造販売届出番号
SLA キット 12B1X10014000002