2018「プレオルソ」こども歯ならび矯正法 ベーシック【東京】

kougipreorthobasickyosei

内 容

“プレオルソマウスピース”は歯型を取る必要がなく、家にいるときだけの装着で十分な効果を得ることができ、

親御さんが一番気にしている口呼吸を鼻呼吸に促すことができるなどたくさんの特徴があります。

○当セミナーはマウスピース型装置を使った内容構成ではありますが、装置の販売目的ではありません。

 

 

「プレオルソ」こども歯ならび矯正法とは

一言で言うと「マウスピース型矯正装置」を使い、その装置を利用した口腔周囲機能訓練を同時に行う矯正治療方法そのもの
を指します。従来の固定式のマルチブラケット装置で治す100%の治療でなく実用的な80%の「歯ならび」と「咬み合わせ」を目指す画期的な治療法です。

講習会に行く時間がないので装置だけ売ってくれませんか?
私が一番恐れているのは、誤った使い方によって治療結果が出ないことです。装置を販売する目的であれば講習会の必要はありません。目指す結果を得るための、正しい使い方をマスターするための講習会です。

●なぜ装置を入れて口を閉じるのか?
●なぜ舌の使い方にこだわるのか?

目からウロコを落して頂きます。

日時/会場

日程 2018年1月21日(日)
時間 10:00~16:00
会場 【東京】
駿河台記念館
講師 大塚淳先生

参加費

初受講 :¥35,000-(税別)
     昼食付/装置1個付

大学常勤:¥20,000-(税別)*
     昼食付/装置1個付

再受講 :¥20,000-(税別)*
     お席に限りあり 昼食付/装置なし

以前DVDをご購入された方:¥20,000-(税別)*
     お席に限りあり 昼食付/装置なし


*同一医院でお二人以上のお申込の際には、二人目の方からはお一人あたり¥30,000(税別)とさせていただきます。

大塚先生ご挨拶

私は、矯正専門医として30年近く臨床に携わってきました。
そして日常臨床の中で、多くの小児の不正咬合をFKO・ビムラー・近年開発された既製の“マウスピース型装置”や“マルチブラケット装置”等を用いて治療を行ってきました。
10年程前から、患者さんに負担が少なく、安定した結果を得る事が出来る治療方法の開発に着手して、以来、試行錯誤を繰り返し、現在の「プレオルソ」こども歯ならび矯正法に至りました。数年前から、日常の臨床で使用できる治療方法および装置が確立し、一般歯科医や矯正専門医の先生方にもこの装置や治療方法を実際の臨床で導入して頂き、数々の良い結果の報告を頂いております。

■大塚淳先生

東京歯科大学卒業、東京歯科大学大学院卒業
医学博士・歯学博士、東京歯科大学非常勤講師
日本矯正歯科学会認定医
大塚矯正歯科クリニック医院長

主催/お問合せ

大塚矯正歯科クリニック内
有限会社オリエンタルマジック TEL:086‑234‑0006
協賛:株式会社フォレストワン TEL:047‑474‑8105