Minimally Invasive Interventions for Esthetic Dentistry

kougishinbi

内 容

●審美修復治療におけるMIを考慮した治療計画立案

●ボンデッドセラミックレストレーションの有用性について臨床症例を通して解説

●MI Estheticへのデジタルデンティストリーの応用

審美修復治療は、バイオミメティックアプローチという考え方の浸透、接着技術と疾患の原因に対するアプローチが進んだ現在、必要最小限の処置で適切な効果をあげる治療が目指されている。技術的にはマイクロスコープの応用により高い精密性と予知性が得られてきている状況にある。また、治療における専門性はより高度になり、最良の審美的結果を得る為にはチームアプローチはかかせないものとなっている。 本講演では審美修復治療におけるMIを考慮した治療計画立案、ボンデッドセラミックレストレーションの有用性について臨床症例を通して解説したい。 また、MI Estheticへのデジタルデンティストリーの応用についてもお話したい。

日時/会場

日程 2017年11月19日(日)
時間 10:00~16:00
定員 50名
会場 【名古屋】ウインク愛知
講師 大河雅之先生 
※吉木雄一朗先生の講演もございます。

参加費

¥12,000-(税別)/ 昼食付き

講師紹介

大河雅之先生(代官山アドレス歯科クリニック)

【講師略歴】

1962年 岩手県出身

1987年 奥羽大学歯学部卒業

2001年 代官山アドレス歯科クリニック開院

東京SJCD副会長

EAED(ヨーロッパ審美歯科学会)会員

奥羽大学歯学部同窓会本部学術部長

審美歯科学認定医/日本顎咬合学会認定医

 

 

吉木雄一朗先生

【講師略歴】

Y`sデンタルクリニック院長

名古屋SJCD理事

日本顎咬合学会認定医

 主催/お問い合わせ

株式会社フォレスト・ワン
TEL:047‑474‑8105