審美的なコンポジットレジン修復治療【名古屋】

おかげさまで満席になりました。

handsonshinbi

内 容

●コンポジットレジン修復治療によるさまざまな症例への対応

●歯の解剖学的・色調学的要件

●コンポジットレジン修復に必要なシェードテイキングと材料学的・技術的要件

 

〈実習〉

●ENA HRiを使用した前歯部、臼歯部蓄層充填

●ENA HRiを使用したゼロからの歯牙作成

近年接着システムとコンポジットレジンの材料学的な進化により、コンポジットレジン修復治療の適応症例が拡がり、歯科医師の興味も高まっていると思われます。 しかし審美的なコンポジットレジン修復治療を行うためには、天然歯の構造や使用するコンポジットレジンの特性を十分に 理解しておく必要があります。 今回、天然歯のエナメル質と同等の屈折率をもつコンポジットレジンであるENA HRiについてその特性と臨床応用を含め、審美的なコンポジットレジン修復治療を行うのに必要なポイントについて話をさせていただきます。

日時/会場

日程 2018年1月14日(日)
時間 10:00~17:00
定員 10名
会場 【名古屋】
安保ホール
講師 岩田淳先生

参加費

¥35,000-(税別)/ 昼食付き

講師紹介

岩田淳先生

【講師略歴】

・鹿児島大学歯学部卒業

・大阪大学大学院歯学研究科卒業 歯学博士

・橿原市松川歯科医院勤務

・東大阪市本多歯科医院非常勤勤務

・岩田歯科医院(高砂市)

 主催/お問い合わせ

株式会社フォレスト・ワン
TEL:047‑474‑8105