サイナスリフト of サイナスリフト

サイナスアプローチの常識を変えた。
驚きの新技術登場!!

SLA テクニックで、これまでのサイナス-ラテラルアプローチの7つの負担を解決します。

  • sign.png

ラテラルウィンドウテクニックは、上顎洞側壁よりアプローチする方法です。開窓したところから上顎洞内に自家骨や骨移植材を填入するために、シュナイダー膜を拳上します。SLA Kitは、従来の開窓法より、より簡易に、かつ安全・迅速に、ラテラルから開窓できるようにデザインされた、新しい手術器具です。

SLA Kitにはいくつかのユニークな特徴があります。大きなフラップ、開窓、ストレートハンドピースやラウンドバー使用の難しさ、動脈からの出血、膜の裂開、腫脹および疼痛といった従来のラテラルアプローチでのさまざまな問題を、このSLA Kitでは解決できると期待されます。LS-reamerとC-reamerは、このシステムで重要なテーパー形状のリーマーであり、ドリリングによって起こる膜の裂開を避けることができます。

2009.07.01
sinus approach発売を開始しました。