プレオルソ

「プレオルソ」のために開発された
 マウスピース式装置

プレオルソの4つの特徴

1.柔らかい素材を使用しています。
 装着時の"痛み"がほとんどありません。
 弾性があるためにこわれることがほとんどありません。

 

2.最適なデザインの"プリフォーム"タイプです。
 印象採得の必要がありません。
 装置を温める事により、フォーム調整が可能です。

 

3.いつでも、容易に取り外しできます。
 口腔内を清潔に保つことができます。
 家にいる時間に使用します。

 

4.MFTの装置として使用できます。
 舌は自動的に挙上されます。
 子どもへの指導もむずかしくありません。

仕 様

症例に応じて3タイプ/複数タイプ/2種類の硬さの素材(ソフト・ハード)があります。

Type1 



適応症
上顎前突/叢生/過蓋咬合/各種保定

ノーマルサイズ
▶︎ハードタイプ

Sサイズ
▶︎ソフトタイプ ▶︎ハードタイプ

SSサイズ
▶︎ソフトタイプ ▶︎ハードタイプ

 

Type2



適応症
開咬症/開咬の保定

ノーマルサイズ
▶︎ハードタイプ

 

Type3


 

適応症
反対咬合/反対咬合の保定

ノーマルサイズ
▶︎ハードタイプ

 

Sサイズ
▶︎ソフトタイプ ▶︎ハードタイプ

プレオルソ開発者

■ 大塚 淳 先生
東京歯科大学卒業
東京歯科大学大学院卒業
医学博士・歯学博士
東京歯科大学非常勤講師
日本矯正歯科学会認定医
大塚矯正歯科クリニック院長

ご購入には講習会の受講をお願いしております。

▶︎現在開催中の講習会についてはこちら
http://www.forest-one.co.jp/seminar/

プレオルソ(医療機器製造販売認証番号) 225ADBZX00053000

「プレオルソ」こども歯ならび矯正法 紹介動画